カラコンは乾燥に弱いので気をつけましょう

カラコンを外して、そのままにしていたらバリバリになって使えなくなったという口コミを見かけますが、カラコンは、水分を閉じ込めたレンズで出来ているため、乾燥に弱いという性質を持っています。
カラコンをまたつける予定がある場合には、きちんと乾燥しないように指定の保存液などにつけて保管するようにしましょう。
また、カラコンをつけていると瞳が乾燥しドライアイになる場合があります。
ドライアイは長時間装着や疲れ目の際に起こることが多いので、長くつける時やパソコン等目の疲れる作業をする場合には、定期的に目薬をさすなどの対処をするように心がけましょう。
また、カラコン使用時に目薬は裸眼用のものは使えません。
薬局などで、カラコンに使えるコンタクト専用目薬を探しましょう。