包茎手術の出血とは

ペニスは非常にデリケートな部位ですので、包茎手術で大量に出血してしまったら非常に精神的にも不安ですよね。
実際、包茎手術自体で大量出血をしてしまうということはなく、出血量もごくわずかですので心配は要りません。
包茎手術をおこなう医師も、できる限り出血を抑えたいものですので、手術は慎重におこなわれます。
ペニスに通っている太い重要な血管や、神経には包茎手術では触ることはありませんので、基本的には何らかの障害が残ってしまうということはありません。
もちろん、医師の技術力によって違いがありますので、確かな技術を持っている専門家の包茎手術を受けるのが安心です。
間違って裏スジを切られてしまったということになれば大変ですからね。
包茎手術後4週間!手術前に知っておくべき事【自慰の感覚が変?】