ネイル資格で大切な色の感覚とは?

【ネイリストになるためにはカラーの知識も必要】ネイリストになぜカラーの知識が必要かといえば、人間は五感のうちもっとも敏感なのが視覚であり、五感のうち90%以上をこの視覚が占めていると言われているからです。
ネイルはアートですから色を抜きにしては成立ちません。
したがってネイリストは色に敏感でなければならず、正しく色を使うためには当然のごとくカラーの知識が必要になってくるのです。
そのために望ましいのがカラーコーディネーター資格の取得なのです。
ネイルのカラーデザインはTPOによって違ってきます。
一般的に客が求めるのは、職場であるオフィスでは控えめな印象を与える色にして、アフターファイブのパーティなどにはゴージャスなイメージを志向する人が多いようです。
そうした客の要望に応えるためには専門的な色の知識が欠かせません。
ネイル資格には道具も必須?安いプランは訳がある!【要注意!】