レーザー脱毛より光脱毛の方が痛みが感じにくくてメリット多い?

ブラウンというと、メンズ電気シェーバーのイメージがあるという方も多いかと思いますが、女性用脱毛器も作っているんですよ。

光脱毛の仕組みは、黒いもの(毛母細胞)に反応し脱毛を促すものなので、肌の色が濃い場合には、肌を痛めてしまう恐れがあるのですが、ブラウンのシルク・エキスパートは世界唯一の技術で、肌の色に合わせて光を10段階(プレミアムモデル)に調整することができるので、最適な効果と安全性を実現しています。

シルク・エキスパートは、ベーシックモデルと、プレミアムモデルの2モデル用意されているのですが、ベーシックモデルの照射間隔は3秒なのですが、プレミアムモデルの照射間隔は1、2秒だったり、光の調節段階についてもベーシックモデルは3段階までですが、プレミアムモデルは10段階もあるなど、プレミアムなりのハイスペックになっていますので、せっかく買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

ヒゲを一掃したいと考えている男性にオススメなのが家庭用脱毛器です。

勿論、脱毛サロンや医療脱毛で脱毛するのが1番効果的かもしれませんが、美容サロンに行くのには勇気がいる...という方も多いでしょうし、通っているのを知られたくないという人も多いかと思います。

家庭用の脱毛器であれば時間や人の目を気にする必要はありませんし、自分の好きなタイミングで脱毛することができます。

また、脱毛サロンや医療脱毛に通う場合、費用は10万円以上になることを覚悟しなければいけませんが、脱毛器なら3万円程度ですし、脱毛効果に定評があるケノンでも7万程度で購入することができます。

ちなみにケノンはヒゲ脱毛可能です。

光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器は、黒い色素に反応するという性質があります。

そのためほくろがあると、ほくろに反応してしまう恐れがあります。

小さなほくろであればあまり気にしなくても大丈夫だと思いますが大きいほくろの場合、火傷してしまう恐れがありますので保護シールを貼ってから照射すると良いでしょう。

ソイエのようなムダ毛を引き抜くタイプの場合は、ほくろは気にしなくても良いのですが、無駄毛を無理やり抜いてしまう脱毛器は、出血が起こりやすかったり埋没毛になりやすかったりするので、色素沈着の原因になります。

最新の脱毛器なら肌荒れや火傷といった不安はないでしょう。

脱毛器でもフラッシュ方式ならば、そのようなことはまずありえないです。

けれど、どれほど優れた性能を持つ脱毛器でも間違った使い方をすると危険です。

とりわけ顔の脱毛をする場合には細心の注意を払いましょう。

さらに、脱毛の前後に肌を冷やしておくことで、肌荒れを予め防止しておくことができます。

脱毛器を買いたいなと思っていても、効果がなかった時のことを考えると躊躇してしまいますよね。

安い脱毛器は数千円程度で売っているものもありますが、高いものだと5万円以上するものもあります。

メーカーによっては、全額返金保証などのサービスがある場合もあるのですが、ほとんどの脱毛器にはそのようなサービスはありません。

また、全額返金保証を受けるには、火傷をしたなどの理由がないと保証が受けられなかったりもするので、全額返金保証制度があるからといって、どんな理由でも返品ができるとは限らないということは覚えておきましょう。

それでは、何を基準に判断すればよいのか分からないですよね。

そういったときは口コミを参考にしましょう。

ただし、口コミもヤラセの可能性がある場合がありますので、良い評価悪い評価、両方の口コミをしっかりと精査することが大切です。

また、脱毛効果の高い脱毛器であれば、体験談もたくさん公開されているはずです。

「きれいなおねえさんは、好きですか。

」このフレーズを聞いて懐かしいなと感じた人も多いでしょう。

パナソニックの女性向け美容家電商品のコマーシャル等で使われていたキャッチコピーですね。

女性向けの美容家電なのにもかかわらず、女性から男性に向けたキャッチフレーズが話題になりました。

イメージキャラクターに起用されるきれいなおねえさんの要素として、凛とした美しさ・愛しさが重視され歴代のイメージガールには松嶋菜々子さんや仲間由紀恵さんが起用されています。

パナソニックで発売されている脱毛器といえばソイエがありますが、最近は光エステという光美容器も人気です。

光エステは2012年から2017年度の販売数量シェアNo.1を獲得しています。

光エステには部位ごとの3種類のアタッチメントが付属しているので、パナソニックの光エステ1つでボディから顔まで全身のムダ毛をケアすることができます。

男性も使用可能ですが、ヒゲには効果がないそうです。

市販されている脱毛器は、使用者の安全が確認された上で販売されているものですが、誤った使用では器具が壊れたり、肌にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

使用する前に、説明書と注意書きをよく読み、そのとおりに使用するのが大切です。

光を照射するタイプの脱毛器具の場合はとくに、説明書通りの使用方法を守ったほうがよいです。

デリケートな人は少なめから始めて、あとから様子を見て通常の出力に近づけていくと良いかもしれません。

さいごに、使用した器具のお手入れも説明書を見ながら行い、次も気持ちよく脱毛できるように整えておきましょう。

無駄毛処理から卒業したい、夏までには無駄毛処理をしておきたい。

そんな人におすすめする、使って頂きたいアイテムが家庭用脱毛器です。

ただし、家庭用脱毛器にも選ぶポイントがあります。

家庭用脱毛器を買うなら光脱毛型の脱毛器がオススメです。

ソイエのように毛を引き抜くタイプの脱毛器は、確かに脱毛ではありますが光脱毛と違って無理やり毛を引っこ抜いているだけですので、次第に生えてこなくなるという道理はありません。

また、ノーノーヘアーという脱毛器は毛を熱線で焼き切るタイプの脱毛器ですので、カミソリでムダ毛を処理するのと違いはありませんから当然伸びてきます。

参考:ソイエ痛い?脱毛の効果を口コミ【脱毛体験を写真付で暴露】

アットコスメで脱毛器をランキングポイント順で調べてみたところ、1位はプラソニエのスムーズスキンGOLDという脱毛器で評価は6.2、口コミは329件ありました。

2位はLAVIEで評価は5.8、口コミは99件です。

3位はトリアで評価は4.4、口コミは51件です。

LAVIEやトリアは有名ですが、スムーズスキンGOLDというのは初めて見ました。

しかし、アットコスメでは凄く人気のある脱毛器のようです。

ちなみに脱毛器ユーザーで圧倒的な支持を持つケノンが上位3位にはなかったので、ケノンを検索してみたところケノンの評価は6.2口コミ件数は766件あったのです。

なぜランキングにでてこないのでしょうか?口コミ件数順でもおすすめ度順でもプラソニエのスムーズスキンGOLDが1位にでてくるので、このランキング結果の信憑性は信じて良いものなのでしょうか。

信頼していたサイトだったので、胡散臭いと少しでも感じてしまったのはとても残念です。

脱毛するときに刺激が強いと感じたり、痛みを感じる場合は、あらかじめ保冷材などで肌を冷やしてから施術することで肌の感じる刺激を和らげることができます。

もし出力を調整できる脱毛器を使っているのなら、弱い出力で試してみましょう。

出力の強さは脱毛効果に比例しますが、痛みを耐えて脱毛していても、あとで火照りなどが出ることもありますし、続けられないと思うのです。

調整機能がついているのは、それぞれに最適な状態で施術するのを考えられているためです。

弱いなりの効果はあるので、無理なく、負担なく続けるのが、脱毛のコツなのだと思いますよ。

VIOのムダ毛をほったらかしにしている人はいませんか?VIOとは、VラインIラインOラインのことでいわゆるアンダーヘアーのことをVIOとかハイジニーナと呼びます。

最近では男性もアンダーヘアーの脱毛をしている人が増えているんですよ。

家庭用の脱毛器でアンダーヘアーの脱毛を行う場合、その脱毛器がVIO脱毛を許可しているか確認することが大切です。

許可されていない部位に照射して怪我をしてしまっては元も子もありません。

家庭用脱毛器の場合、Iラインは局部に近くなりますので使用を認めていないものも多いです。

特にIラインOラインは自分では処理しづらい個所でもありますので医療脱毛等の利用をおすすめします。

IOラインだけであれば費用はそこまでかかりません。

最近では40から60代の人が脱毛する介護脱毛というのも流行っているそうです。

近頃、オールシーズン、洋服は薄着という傾向の女性を見かけることが増えてきました。

女の人は、ムダ毛の処理に悩んでいる人もいるようです。

いろいろな方法でムダ毛を処理することができますが、一番オススメな方法は、やっぱり自分の家でする脱毛ですよね。

脱毛器が欲しいと思った時に、始めに気になるのが費用ですよね。

一般的に、脱毛器には高額のイメージがあり、生活に余裕のある人しか買えないと思っている人が大半です。

脱毛器によってもピンからキリまであるので、値段も大きく変わります。

安価なものなら2万円ほどで購入できますが、高い器具だと10万円以上はします。

ノーノーヘアは、美人モデル3人が不思議な歌と踊りでムダ毛処理をアピールするCMで一躍有名になりました。

どのような製品かというと、熱線を使ってムダ毛を処理するサーミコン方式の家庭用除毛器です。

光脱毛ができない体質の人や、カミソリ負けする人には、刺激(この場合は熱)の加わる先が肌ではなく「毛」なので、良いようです。

ただ、毛に熱を与えて焼き切るタイプなので、処理時のニオイの発生は避けられません。

CMをするくらいですから、誰でも気軽に手にとりやすいスタイリッシュなデザインで、大きさも脱毛器とは思えないほどスッキリ小さめ。

ただ、焼き切るだけなので仕上がりが期待していたほどじゃなかったとか、焦げる臭いばかりで脱毛効果がなかったといったマイナス評価が多いんです。

効果というのは譲れない点なので、気になりますね。

良いほうのクチコミを見ると、いままでカミソリや毛抜きを使っていた人の中には、肌に刺激がなくて快適であるとか、継続的な使用で、ムダ毛が減ってきれいになったという評価があるのは事実です。

体質を考慮すると、メリットはあるかもしれません。

ここ最近では、シーズンに何の関係もなく、重ね着をしない薄着ファッションの女子の方が増えてきています。

女性の方々は、ムダ毛の脱毛のやり方に日々頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛の脱毛の仕方はいろいろとありますが、一番ラクに行える方法は、やっぱりお家での脱毛ですよね。