アンダーヘアの脱毛もできる家庭用脱毛器がある?!

お風呂で脱毛器を使ってみたいと思ったことありませんか?それがあるんです。

お風呂で毛穴が開いてから処理すれば痛みも楽になりますし、周辺に毛が飛び散ってもシャワーで流せば終了です。

脱毛器によりますが電池消耗が早いケースもあるので、繰り返し使用ができる電池を使用した方がいいかもしれません。

脱毛器は手頃なところで1万円程度のものもあれば10万超のものもあり、価格差に驚かれることでしょう。

高い値段のものなら間違いがないかというと、オプションやメーカー側の設定によっても違いますし、最高値イコール最高峰の性能とは言いきれません。

しかし、その中でも言えることは、安物は値段相応の性能であることが当たり前といえば当たり前ですが、多いです。

安かろう悪かろうという製品をつかむくらいなら、買わないほうがマシですし、メーカーサイト以外に、ユーザーレビューをよく読んでから判断しても遅くないと思います。

毎日のムダ毛処理はもう嫌だ、水着を着るのでVIOの処理をきちんとしたい。

そんな人におすすめなするアイテムが家庭用脱毛器です。

ただし、家庭用脱毛器にもおすすめできるものと、できないものがあります。

家庭用脱毛器を買うなら光脱毛型の脱毛器がオススメです。

ソイエのように毛を無理やり引き抜くタイプの脱毛器は痛みが強いですし、光脱毛と異なり、ただ無理やり毛を引っこ抜いているだけですので、毛母細胞が破壊・消滅されることで毛が生えてこなくなるという原理は適用されません。

また、ノーノーヘアーは毛を熱線で焼き切っているだけですので、脱毛器と呼べるのかも微妙なところです。

カミソリで処理するのと変わりませんので当然伸びてきます。

ブラウンというと、電気シェーバーのイメージがあるという方も多いかと思いますが、女性用脱毛器も作っているんですよ。

光脱毛というものは、黒いものに強く反応する仕組みですので、肌の色が濃い場合には、肌を痛めてしまう恐れがあるのですが、ブラウンのシルク・エキスパートは肌の色に合わせて光を10段階(プレミアムモデル)に調整することができるので、最適な効果と安全性を実現しています。

ブラウンのシルク・エキスパートは、ベーシックタイプと、プレミアムタイプの2モデル展開しているのですが、ベーシックモデルの照射間隔は3秒なのですが、プレミアムモデルの照射間隔は1、2秒だったり、光の調節段階についてもベーシックモデルは3段階までですが、プレミアムモデルは10段階もあるなど、値段は1.5倍ほど違いますが、どうせ買うならプレミアムモデルのほうが良いと思います。

動作音の大きさは脱毛器ごとに違うので、動作音が大きいものを購買してしまうと騒音に感じるケースがあります。

アパートに住んでいる場合、夜遅くに使用すると隣人に迷惑となる可能性もあるので、配慮する必要があります。

音が大きいのが嫌いであれば、なるべく動作音の小さな商品を購買するようにしてください。

あなたがもし脱毛器でソイエやアミューレを選ぶのであれば、泡脱毛で処理することになります。

ムダ毛は泡によって絡め取られるため、気になる肌へのダメージは減り、あまり痛くない処理が可能となります。

気を付けなければならないのは、脱毛の部位によって差があるということで、毛を直接毛穴から抜くので、大きな痛みを感じる人も少なくありません。

処理後に気になってくるのは肌に赤味が見られることが多いと言われています。

脱毛器を調べたくて、アットコスメでランキングポイント順で脱毛器を検索してみたところ、1位はプラソニエのスムーズスキンGOLDという脱毛器で評価は6.2、口コミは329件ありました。

2位はLAVIEで評価は5.8、口コミは99件です。

3位はトリアで評価は4.4、口コミは51件です。

LAVIEやトリアは有名ですが、スムーズスキンGOLDというのは初めて見ました。

しかし、アットコスメではとても人気が高いようです。

ちなみに楽天で圧倒的な売り上げを誇るケノンが上位3位にはなかったので、ケノンを検索してみたところケノンの評価は6.2口コミ件数は766件あったのです。

なぜランキングにでてこないのでしょうか?口コミ件数順でもおすすめ度順でもプラソニエのスムーズスキンGOLDが1位にでてくるので、これはランキングが正しく機能していないのではないかと疑ってしまいます。

信頼していたサイトだったので、胡散臭いと少しでも感じてしまったのはとても残念です。

最近のところ、季節には左右されず、あまり重ね着をしない女性もよくおられます。

女性の方はみなさん、ムダ毛をいかに脱毛すべきかそのつど頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛の脱毛方法はいろいろとありますが、最も簡単な方法は、やっぱり自宅で脱毛をすることですよね。

参考:家庭用脱毛器で失敗?2ch口コミで選ぶ前に!【本音口コミランキング】

脱毛器トリアの本体の価格は6万円ぐらいですら、エステや病院などで全身脱毛をしてもらうことを考えると、たいへんお得ですよね。

大体6万円ぐらいの出費で、いつでも好きな時に何度でも脱毛することができるなら、ぜひ買いたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、痛いのが我慢できない方にはトリアはオススメの脱毛器ではありません。

家庭でも手軽にムダ毛脱毛が可能なレーザー脱毛器というものが存在します。

家庭用にレーザー量を控えているので使用が安心です。

脱毛効果としては医療機関より落ちますが、医療機関などは予約が必要で自身の発毛サイクルと合わなかったりするものです。

自宅でするのであれば自身のタイミングで処理が可能なのです。

amazonで脱毛器を検索したところ評価の高い上位10商品がVekiaとOudayの商品で占めていました。

画像を見る限りVekiaとOudayの商品は同じもののようですが、メーカーが違うのはどういうことなのでしょうか?Vekiaというメーカーから発売されている脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方、Oudayというメーカーの脱毛器もIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみに両方とも重さは581gです。

商品説明をしている画像は違うのですが、商品自体はやはり同じにしか見えません。

1位の商品が450件以上のレビューがあり星5となっているほか、他の同一商品も星5という評価がついています。

さすがにちょっと評価が偏り過ぎていますよね。

口コミをチェックしてから購入するという人も多いと思いますが、良い評価しかないというのはあまりに不自然ですので、口コミを見極める力を持つことも大切です。

家庭にいながら簡単にムダ毛の脱毛を行えるレーザー脱毛器が市販されています。

家庭における使用のためにレーザー量を控えているので、危険性がなく使用することが出来ます。

脱毛の効果は医療機関で行うものに比較して低くなりますが、医療機関では予約する必要があり自分の体の発毛サイクルと合わないことも少なくありません。

自宅で行う場合、自分の発毛サイクルに合わせて処理できます。

脱毛器を使ってムダ毛を処理しているという女性も多くいるのではないでしょうか。

従来使われていた脱毛器は性能が悪く、脱毛できていなかったり、安全面が少々不安なものがたくさんあったのですが、最新のものになると遥かに性能が良くなっています。

機能の高い脱毛器を使用すれば、体毛が濃い人でもきちんと脱毛できるのです。

脱毛器を比較するときは、口コミサイトや掲示板など、実際の使用者の感想を参考にすると、カタログだけでは想像できなかったことがわかるので、オススメです。

製品紹介ページやメーカーの販売サイトを見るとメリットだけが書かれていて、使ってみたら読んで想像していたのとは違ったということも、よくあります。

脱毛時の痛みは個人差もあり、機械の音がどの程度を騒音とするのかなどは使用を続けられるかどうかにもかかわる点ですので、しっかり調べてから購入するのが良いでしょう。

脱毛は痛いというイメージがありませんか?確かに毛抜きで抜いたりすると涙がでてしまうこともあるくらい痛いですよね。

また、ガムテープなどで毛を引き抜くのも痛いです。

ソイエのような無理やり毛を引っこ抜脱毛器も当然痛いです。

最近はワックス脱毛も流行っていますがこちらもかなり痛みを伴います。

それではフラッシュ脱毛は痛くないのか?というと、無理やり引き抜く脱毛タイプと比べれば全然痛みはないと思います。

光を照射する際に、熱く感じることがありますが、照射前にアイスノンで照射部分をしっかり冷やしておけば痛みはほぼ感じないと言えるでしょう。

痛みを感じるということはそれだけ肌に負担をかけているということですから、無理のない脱毛をおすすめします。